薄毛の原因とAGA治療

※こちらは主に男性の薄毛の原因、AGA治療についてです。女性の薄毛とは異なりますので、参考程度にお読みください。

 

マイナチュレは女性用の育毛ケア商品ですが、こちらのページは男性の薄毛の原因についてお知らせします。

 

薄毛はAGA(エージーエー):男性型脱毛症と言われます。最近ではAGA治療のクリニックも増えてきましたよね。

 

AGAは一般的に20代〜40代までに見られ、日本人男性の30%がAGAになると言われています。AGAの原因は、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が髪の成長を抑えてしまうからです。男性ホルモンのテストステロンが変化してDHTになります。

 

髪にはサイクルがあり、

  1. 成長期(2〜6年間):髪が生え、太く成長する
  2. 退行期(約2週間):髪の成長が止ま
  3. 休止期(3〜4ヶ月):髪が抜ける

というヘアサイクルがあります。

 

しかし、DHTにより髪が成長せず産毛のままで抜けてしまうことで薄毛になります。DHTの影響を受けやすいのが頭頂部や生え際で、男性はこの辺りが薄毛になりやすいです。

 

AGAの治療薬

日本で承認されているAGA治療薬の飲み薬は、

  • フィナステリド
  • デュタステリド

の2種類あり、AGA治療クリニックで処方されます。

 

塗り薬は、

  • ミノキシジル

があり、大正製薬のリアップはミノキシジルを1〜5%配合しています。ミノキシジルは頭皮の血行を改善し、毛根を活性化させることで発毛を促進させます。

 

日本皮膚科学会では、「フィナステリド+ミノキシジル」の組合せを推奨している様です。クリニックでの治療は自由診療なので、保険が効かず全額負担なので、金銭的な事はクリニックで事前にはっきりさせておきましょう。

 

万一、事前に承諾していない金額を後で請求される契約トラブルに巻き込まれたら、支払うより先に消費者生活センターに相談しましょう。

 

AGA治療の効果は最低半年必要で、太い髪になるまでは更に半年必要です。AGA治療の効果には個人差もあるので、誰もが納得できる結果にはなりませんし、治療をやめるとまた元の薄毛に戻るとされています。

 

クリニックに依っても料金や施術内容は違うので、AGA治療を受ける前に2〜3つのクリニックに相談してみることをお勧めします。最近ではHARG(ハーグ)療法という、比較的費用の掛からない治療法もあります。

 

迷信Q&A
  • ワカメや昆布の海藻類を食べると髪が増える→科学的根拠はありません
  • 頭皮をブラシで刺激すると良い→科学的根拠はありません
  • AGAは遺伝する→父親が薄毛だとAGAになりやすいです
  • 毛穴に脂が詰まると薄毛になりやすい→関係ないと言われています

 

マイナチュレの公式ページはこちら!

 

関連記事

まだ間に合う!女性のマイナチュレ育毛方法