男性と女性での薄毛の進み方と対策の違い

最近増えている女性の薄毛の悩み。脱毛症になった場合、マイナチュレ育毛剤を利用して症状を改善する方法がありますが、一口に脱毛症といっても、さまざまな種類が存在します。

 

そのため、自分の薄毛がどのタイプの症状なのか把握した上で、それに応じた対策をとることが大切になります。

 

びまん性脱毛症は男性型脱毛症(AGA)と同様にホルモン分泌の異常が原因で発症します。ただし女性AGAは前頭部や後頭部が薄くなるのではなく、全体的に抜け毛が増えてボリュームがなくなるため、初期の段階では気付かないこともあります。

 

男性型のAGAと区別してFAGAと呼ばれるこの症状は、マイナチュレ育毛剤を利用したりホルモンバランスを整えたりすることで次第に改善していきます。

 

ホルモンのバランスが原因となるものに、分娩後脱毛症があります。これは出産によって一時的に抜け毛が増えて頭髪が薄くなってしまいますが、半年から一年くらいでホルモンバランスが徐々に安定してくるため、大抵は自然に薄毛が解消されてきます。

 

ただし、育児などでストレスが過多になると円形脱毛症を発症する場合があります。これはストレスによる免疫力の低下によって起こり、円形に髪が抜け落ち、その大きさはさまざまです。

 

ストレスが軽減されると徐々に薄毛は改善していきますが、一度治ったとしても再び脱毛を繰り返したり、脱毛患部が広がってきた場合には、医師による治療が必要になることもあります。

 

他にも、髪や頭皮を引っ張ることで毛が抜けてしまう牽引性や、頭皮の皮脂分泌が盛んで炎症を起こしてしまう脂漏性、シャンプーなどが合わずに使い続けることでフケが出やすくなり、頭皮の環境が悪化して起こる粃糠性(ひこうせい)などの脱毛症があります。

 

薄毛を改善するには、自分の薄毛のタイプを知ってからマイナチュレシャンプーや育毛剤、サプリメントなどの活用や医師による診察を受けるなどをして効率的に治療をしていきましょう。

 

マイナチュレの公式ページはこちら!