薬用シャンプーとマイナチュレ育毛シャンプーの違い

薬用シャンプーとマイナチュレのような育毛シャンプーの違いを知っておくと自分に合ったシャンプーを選びやすくなります。育毛シャンプーには、薬用のものとそうでないものがあります。

 

薬用シャンプーの場合には、医薬部外品にあたります。医薬部外品は、女性のスキンケア関連商品にも多く存在しています。薬は医薬品ですが、薬用は医薬部外品となるため薬ではありません。

 

薬用は薬ではないため、薬用シャンプーは薬ではありません。しかし、医薬部外品である薬用の製品は、薬に似た働きがあると厚生労働省が承認しているものを指しますので、全く意味がないということはありません。

 

薬事法によって、薬と化粧品の中間のものとして認められているものですから、安心して使うことができます。医薬部外品の場合には、薬のような即効性はありません。

 

薬を使ったときのように、すぐに効果を実感できるというわけではありませんが、穏やかな効果が期待できます。薬用の育毛シャンプーの場合には、刺激が少なく、穏やかな効果によって育毛に役立てることができます。

 

もちろん、医師による治療が必要なほど深刻な状態であれば、薬を処方して貰うほうが安心です。

 

医薬部外品でも効果は期待できる

そこまで深刻ではなく、日々のケアで十分な状態なのであれば、医薬部外品である薬用のものを利用するだけでも十分効果を期待できます。

 

女性の場合、頭皮がデリケートですから、刺激の強いものを自己判断で使用するよりも、マイナチュレのように低刺激で穏やかな効果のあるものを使ったほうが安心です。

 

薬用シャンプーは厚生労働省からその効果についてお墨付きを貰っていますが、薬のような即効性はありません。しかし、刺激は少ないですし、穏やかな効果は期待できますので、薬用シャンプーを選ぶ女性の方も増えています。

 

女性の育毛方法

女性の薄毛と関係の深い頭皮トラブルには、いくつかありますが代表的なものとしては、頭皮の血行不良が挙げられます。

 

血液は毛根にある毛乳頭に栄養分を届ける役割を果たしているので、血流が滞ると毛乳頭に栄養が渡らず髪は徐々にやせ細り、薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。

 

また血行不良になると頭皮のターンオーバーが正常に働かなくなり、古い角質が剥がれ落ちずに頭皮ニキビやフケ、かゆみなどいった症状を引き起こしてしまうので頭皮トラブルの原因になります。

 

頭皮トラブルを改善しないまま放置しておくと不衛生な状態が続き、ますます薄毛に拍車がかかります。ですので、こうしたことが原因で起こる薄毛の予防策としては、頭皮トラブルの原因に働きかけるマイナチュレシャンプーを使用して、健やかな頭皮環境を保つことが大切です。

 

女性用の薄毛対策シャンプーとしては、頭皮への刺激が弱いアミノ酸系育毛シャンプーがおすすめです。

 

一般的に流通しているシャンプーには洗浄成分に石けんあるいは合成界面活性剤のいずれかの界面活性剤が使用されているので、泡立ちは良いのですが洗浄力が非常に強く、髪に必要とされる成分までも落としてしまう可能性があります。

 

刺激が強すぎる洗浄成分のシャンプーを使用し、一日に何回も洗髪していると皮膚表面を傷つけ、乾燥と血行不良をもたらしてしまいます。頭皮が乾燥すると頭皮環境が悪化するので十分な注意が必要です。

 

薄毛や抜け毛でお悩みの方は、頭皮への刺激が弱く、元気な髪が生えてくる頭皮環境にしてくれるコーティング剤無添加の育毛シャンプーを選ぶようにしましょう。

 

余分な皮脂はすっきりと落とし頭皮を保護する必要な皮脂は残してくれる育毛シャンプーで、一日に一度だけ、一日の活動が終わった後に優しくシャンプーすることが重要ですね。

 

マイナチュレの公式ページはこちら!

 

関連記事

マイナチュレの無添加コンディショナーの特徴とは?